山内診療所 てるてる農場

"長崎県五島列島にある山内診療所”で医師として地域医療に携わりながら、 茅葺屋根の家に住み、牛で田んぼを耕し、ニホンミツバチ・対州馬を飼育して いる。

内視鏡技師勉強会 in 山内診療所 「内視鏡検査・治療で予想される事故対策」

内視鏡技師勉強会 in 山内診療所 「内視鏡検査・治療で予想される事故対策」の勉強会です。

 

 内視鏡には、胃カメラ、大腸カメラだけでなく、小腸内視鏡、胆膵内視鏡、カプセル内視鏡技師など様々である。

 各種検査を行った際に偶発症が発生することがあり、内視鏡技師になる方は発生状況を把握する必要がある。

 

f:id:takehiro0405:20200530204045p:plain 日本消化器内視鏡学会が1983年から5年ごとに全国調査を行っている。今回は上記資料を参考に勉強する。 
 2008 年(平成 20 年)より 2012 年(平成 24 年)の 5 年間における消化器関連の偶発症数は,総検査数 17,087,111 件に対して 12,548 件(0.073%)であった.観察のみの偶発症の発生率の 0.014%に対し,治療内視鏡検査での偶発症発生率は 0.67%と約 50 倍高かった.
 死亡事案は 220 件あり,特に 70 歳以上の高齢者の死亡が 164 件と全体の 3 / 4 をしめた.f:id:takehiro0405:20200530204846p:plain

前処置

 前処置前処置に伴う偶発症は、0.0028%(36000検査に1回)、死亡率は0.0005%(200万件に1回)偶発症は鎮静が最も多い  

 

 偶発症の内容は,鎮静・鎮痛薬関連 219 件(46.5 %),腸管洗浄液関連 105 件(22.2%),咽頭麻酔 関連 39 件(8.3%)の順であった.

 死亡者数は 9 例で,そのうち鎮静薬関連 4 例(44.4%),腸管洗 浄液関連 3 例(33.3%)

 

 

f:id:takehiro0405:20200530204907p:plainf:id:takehiro0405:20200530204927p:plain
 

鎮静の使用状況

 

上部消化管 ミダゾラム 47.6%, ジアゼパム 27.9%

大腸    ミダゾラム 41.0%, 塩酸ペチジン 27.0%,ジアゼパム 21.9%

 

 
f:id:takehiro0405:20200530204956p:plain
 

上部消化管内視鏡(経口)の偶発症

最も多いのは出血であり,ついで裂創が多かっ た

部位別に検討すると,食道では,裂創(57 件) や出血(27 件)が多く,また,穿孔例も比較的多 いこと(14 例)が目立った.

胃では出血が 162 件 で偶発症の半数以上を占めており,次が裂創で 136例あった.

穿孔は十二指腸で26件みられ,球 部,下行部,水平部のいずれでも起こっていた.

 
f:id:takehiro0405:20200530205010p:plain

上部消化管内視鏡(経鼻)の偶発症

 鼻出血が圧倒的に多い
 
f:id:takehiro0405:20200530205019p:plain
 

小腸バルーン内視鏡(経口)

急性膵炎の発症が多いことは知っておく必要がある。
 
f:id:takehiro0405:20200530205033p:plain

大腸内視鏡検査の偶発症

 

大腸内視鏡検査での偶発症は 438 件報告され, そのうちケースカードの記載のあった 340 件では 穿孔が 200 件ともっとも多く,155 例(75.5%)で 手術が施行され,13 例(6.5%)が死亡していた

穿孔の部位は,小腸 1 例,盲腸 2 例,上行結腸 8 例,横行結腸 9 例,下行結腸 7 例,
S 状結腸 114 例,直腸 42 例であり,大半が S 状結 腸から直腸にかけての部位で起こっていた.

 

f:id:takehiro0405:20200530205044p:plain
 

大腸EMRの偶発症

2,071 件中では出血が 1,880 件と 最も多く,穿孔(159 件),腹膜炎(23 件)がこれ に続いていた.
 
f:id:takehiro0405:20200530205514p:plain
 

胃瘻造設の偶発症

196 例中,出血が 81 件,腹膜炎が 27 件,穿孔,裂創,肺炎がそれぞれ 24 件の順であり,死亡が 22 件であった
f:id:takehiro0405:20200530205532p:plain

ERCPの偶発症

ERCPでは、やはり急性膵炎の発症率が高い その他には穿孔と胆道炎が続いている。

f:id:takehiro0405:20200531230138p:plain

 

内視鏡偶発症と訴訟

医事紛争となった件数は,前処置関が 7 件,観察のみ(生検を含む)の検査が 24 件,治療関連が 21 件であった.前処置関連 1 件は係争中で他は すべて示談となっていた.治療関連で,裁判判決 にまで至ったものは 1 件のみ
 

内視鏡技師勉強会 in 山内診療所 「カプセル内視鏡」

カプセル内視鏡検査

カメラの進歩もついにここまで来たのかという感じがします。

100円玉くらいの大きさの小型カメラで小腸や大腸を観察できるようになりました。

これがカプセル内視鏡です😺

カプセル内視鏡の大きさ

f:id:takehiro0405:20200523223212p:plain 

小腸カプセル内視鏡検査

カプセル内視鏡は、患者が1個のカプセルを飲み込んで各消化管の検査ができる小型内視鏡である。日本では、小腸用と大腸用が保険適応である。

日本では2,007年に保険収載され以後、バージョンアップを繰り返しより画像が鮮明に観察範囲も広くなっている👌

レコーダー

以前のレコーダーはカプセルからの画像を受け取るだけであったが、最近では小腸の蠕動運動などの影響でカプセルの移動が早くなったり、遅くなったりした場合に、撮影回数を自動的に増やすなどの機能が搭載されており、撮影漏れが少なくなった👀

 

 f:id:takehiro0405:20200523224035j:plain

 

 カプセル内視鏡検査手順

①検査の8時間前から絶食

②前処置

例)モビプレップ500ml+水250ml程度

例)マグコロールP+水900ml中 300ml程度

これに加えて消泡剤+水も一緒に服用する

③レコーダーに患者情報を入力し、カプセルとレコーダーをマッチングする。

④カプセルを飲んでもらい、その後も画像が記録されているか確認する

⑤2時間後飲水可能 4時間後から軽食可

⑥レコーダーを返却し、カプセルが排泄されたのか確認する

排泄されない場合は、腹部レントゲンを撮影する。

⑤撮影した画像は、ワークステーションに画像を転送し読影する。

 

f:id:takehiro0405:20200523223223p:plain

f:id:takehiro0405:20200523223304p:plain

 

小腸狭窄があるかもしれないクローン病の場合どうするの?

f:id:takehiro0405:20200523225946j:plain

擬似カプセルであるパテンシーカプセルを飲んでもらい、実際にカプセルが通過するのかを検査する。

f:id:takehiro0405:20200523225938j:plain

開通性があると判断された場合は、カプセル内視鏡検査は可能です😁

 

大腸カプセル内視鏡検査は楽なの?

実際にカメラを挿入しないので、女性など恥ずかしいので検査できないと思っている人でも大腸検査が可能ではあります。

しかし、保険適応は、大腸内視鏡が施行困難、もしくは、施行困難が想定される患者」

となっていること‼️

また下剤を飲む量が通常の大腸カメラよりも多くなるので、下剤を飲むことが結構辛い😱

しかも同時に治療ができないので、ポリープなどがあれば再度下剤を服用して大腸カメラが必要になること、カプセル内視鏡検査で、画像がうまく撮影できない場合は、結局大腸カメラが必要になるかもしれません😩

 

f:id:takehiro0405:20200523225931j:plain

下剤を飲んで、カプセル内視鏡を飲み込み、さらに下剤を服用する・・・・

 

さらに、大きな欠点が・・・・😱

撮影した膨大な写真を読影する必要がありますが、これがかなり大変です。

相当の量になるので、集中力がない時に読影すると見逃すリスクが高いです。

読影者のやる気次第みたいな状態になることもあります。

そこで、「読影支援技師制度」というものがあり、テストや講習などを受けて、年間10例程度の症例を経験すると資格が得られます。

医師のサポートとして技師さんに読影を依頼し、医師がダブルチェックするなどの方法は既にできています。

しかし、結局他の人に読影をさせるわけで、なかなか広がっていかないのも分かりますよね

今後、人工知能などによる読影ができれば最高ですよね😊

そうなれば、検査もする方も、勧める医師も気持ちが楽になります。

内視鏡技師勉強会 in 山内診療所 「下部消化管内視鏡検査」

下部消化管内視鏡検査

はじめに

食生活が欧米化し、日本でも大腸癌が増加傾向です。ピロリ菌感染率低下とともに胃がん患者さんは減っていますが、今後は大腸癌が増加してくると思います。

女性のがん死因では大腸癌が第1位であることもあり、女性の患者さんに大腸癌検診を受けるように促していく対策が必要です。

ただし、大腸検査は手技獲得に時間を要し医師により挿入技術に差が出てしまいます。

また穿孔などの偶発症のリスクもあることから、安全で苦痛がない検査ができるように、内視鏡技師は医師とともに、用手圧迫法、大腸内視鏡検査治療の介助法に精通する必要がある。

 

下部消化管内視鏡検査の適応・禁忌   頻出Point!!

※適応

・患者の希望がある

便潜血検査陽性

・注腸検査で異常を指摘された

・腹痛や便通異常がある

・血便がある

※禁忌

・患者の同意が得られない

・腹膜刺激症状がある

・中毒性巨大結腸症

 

下部消化管内視鏡検査の注意点

・検査前の問診で前回の記録なども参考に挿入困難例や苦痛が強かったなどの情報収集が必要

・特に腹部手術歴や痩せた女性、憩室が多発している症例などでは挿入困難なことも多い

・大腸カメラが挿入困難な症例は、無理せず注腸検査や大腸CT検査などの選択肢も検討する

 

大腸内視鏡検査の挿入の基本

f:id:takehiro0405:20200522224601j:plain

・大腸カメラは、腸管の短縮を繰り返しながら挿入するため、大腸ひだを越えてたら引き戻しながら短縮する操作を繰り返す

・送気は最小限にする

・スコープの先端の位置やループの状態を常に念頭におく

・患者の状態を常に観察し、苦痛を訴える場合は、術者に伝える

 

検査手順

・挿入前に肛門に潤滑剤を塗布し直腸診を行う

・直腸には3つのHouston弁と呼ばれる半月ひだがある。

・S状結腸:連続する半月ひだが特徴、S状結腸は腹腔内で固定されていないため、スコープを押す動作をすると腸管が進展してしまう、ループ形成するなど患者さんに痛みを誘発する可能性がある。可能な限り短縮動作を繰り返し、無理のない挿入を行う。

介助者は、恥骨上や右下腹部などを圧迫して挿入のサポートを適宜行う技術を身につける必要がある。

・下行結腸:洗浄液の貯留が目立つのが部位判断の目安である。

・横行結腸:三角ひだが目印  スコープを半時計回りに回転すると肝彎曲に近づく

・上行結腸:ひだの丈が高いのが上行結腸で横行結腸から挿入する際に患者に腹式呼吸をしてもらうと容易に挿入しやすい

f:id:takehiro0405:20200522224548j:plain

全体の模式図

f:id:takehiro0405:20200522225929p:plain

大腸内視鏡検査の前処置

大腸検査をするためには腸管内の便を全て排出する必要がある。前処置が不十分だと観察が不十分となり病変を見逃す可能性がある。

イレウスなどの前処置ができない場合を除いて、基本的にしっかり前処置を行う。

 

 前処置の種類は複数あり、患者さんの状態に応じて使い分けるが、最近ではほとんどモビプレップを使用している施設が多いと思われる。

f:id:takehiro0405:20200522230417p:plain

 

用手圧迫法

・用手圧迫法は、内視鏡技師が身につけるべき技術の一つである。

内視鏡医と連携が必要

・圧迫しても効果がない場合は、別の場所を探す

・必要な場合のみ圧迫し、通過したら解除する

・患者の苦痛などの表情は見逃さない

f:id:takehiro0405:20200522230829p:plain

 特にS状結腸の通過の際に使用することがあり、スコープの先端の位置、たわみの位置をイメージして圧迫する。

 

内視鏡検査時の看護記録

内視鏡看護記録は、「看護実践の一連の過程の記録で看護職者の思考と行為を示すもの」とされている。

これは看護の評者や質の向上、医療事故や訴訟の法的根拠ともなる。

次回の看護に継続させるための重要な記録である。

テンプレートなどを使用すると良い

 

看護記録に記載すべき事項

検査前の看護記録

・問診表から得られる情報と、そこからアセスメントできる内容

・使用された前投薬の量と時間、キシロカインの使用量

・大腸検査の場合は前処置の内容

・抗血栓薬の有無と休薬の状態

・開始時間とバイタルサイン

・陳製薬の種類と使用量 投与時間

・拮抗薬の使用の有無

・検査終了時間

 

検査後の看護記録

・検査終了時間とバイタルサイン

・食事・水分再開時期

・抗血栓薬の再開時期

・鎮静薬を使用した場合は覚醒状態 覚醒スコア

・行われた看護行為 今後継続されるべき看護行為

・患者説明内容など

紙カルテでは実施者のサインを行う

 

内視鏡技師勉強会 in 山内診療所がはじまります

内視鏡技師勉強会 in 山内診療所 2020年開始

f:id:takehiro0405:20190327145438j:plain

 

山内診療所では、高血圧、糖尿病、喘息、甲状腺疾患などの患者さんを総合的に診療するだけでなく、小児科、五十肩、腰痛、膝痛などの筋膜リリース、在宅緩和治療

特定健診+肺がん検診、大腸癌検診、胃癌検診の各種検診まで幅広く診療しています。

また「Patient first」をモットーに、時間外の患者様への対応も行っており、24時間365日、緊急往診や電話での問い合わせなど五島の地域の患者さんが医療で困ることがないように、離島でも都会と比べて遜色がないような外来診療ができることを目標に日々診療しています。

 

f:id:takehiro0405:20200521220835p:plain
さて、山内診療所では、胃カメラ、大腸カメラ検査を行っており、今後五島で食道癌、胃癌、大腸癌で亡くなる人を出来る限り減らしたいとの思いから、患者さんが苦痛を少なく検査できるような体制作りをしています👏

私自身も大腸カメラ検査を受けたことがありますが、麻酔なしで検査した時の、あのなんとも表現できない痛み!!!😱😨

あんなに痛い思いで患者さんが受けていたなんて・・・・・検査途中で痛み止め使用したら、なんと楽なことか😅

やはり、痛い検査なんて受けたくないですよね‼️

そして、五島に帰ってきてから、あんなに痛い思いしたから、もう絶対にしたくないという患者さんが多いこと‼️‼️

また、わざわざ長崎市内や福岡まで検査をしに行く患者さんも多いです。しかし、移動費、検査代、宿泊費を合わせると数万円出費することに・・・・😩

 

一人でも多くの患者さんに検査を受けてもらいたい思いから、不必要な大腸カメラを繰り返しすのではなく、一回の検査でほぼ全てのポリープを切除し終了することも目指しています。

五島市の人口は3万人 大腸検査を受けるべき人数は仮に5000人とした場合

毎日3人検査しても年間900件が限度です。全員検査するのに5年以上かかります。

そのため、全ての大腸ポリープ切除して、1回で検査が終われば、その後は便潜血検査だけで問題ないですし、それで十分だと思います。

私一人の力ではどうしようもなく、五島中央病院や五島市との連携、地域の開業医の先生方の協力ももちろんですが、山内診療所のスタッフ一同、内視鏡看護の知識、技術もさらに身につけていく必要があります。

f:id:takehiro0405:20200131225212p:plain

既に、内視鏡に長年経験があり相当実力がある看護師が揃っていますが、さらに知識を深めてもうべく、「内視鏡技師勉強会 in 山内診療所」を行っていこうと思います。

五島中央病院でも、私が勉強会を立ち上げ、看護師さんに、2019年に内視鏡勉強会行っていました👍🏻(最近勉強会は延期中ですが・・・・😅)

五島列島でも、内視鏡技師免許をどんどん取得していける体制を整えていこうと思っています。 

ちなみに、「内視鏡技師」とは⁉️日本消化器内視鏡技師会が認定する専門資格を有するエキスパートのことです。内視鏡の前処置、内視鏡の洗浄・消毒、機器管理、検査・治療の介助など多岐に渡ります。医師以外のスタッフにも専門的な知識や、高い安全管理能力が求められるようになったため、内視鏡診療の基盤となる優秀な内視鏡技師が十分に在籍しているかどうかで、その内視鏡診療のチーム力が大きく変わってくると言われています。

 

消化器内視鏡技師認定の受験資格🎶

内視鏡学会専門医の指導のもと、消化器内視鏡部門で実際に内視鏡に従事した勤務年数が申請時点で満2年以上であること。

 ・日本消化器内視鏡技師会・支部技師会主催の医学講習会、または勤務先の内視鏡学会認定専門医から、医学講義を20時間以上受講していること。

・日本消化器内視鏡技師会・支部技師会主催の消化器内視鏡技師学会または技師研究会に2回以上出席していること。

・日本消化器内視鏡学会支部長承認の内視鏡機器取扱い講習会基礎編に1回以上出席していること。

のすべての要件を満たしていることが必須です。

学会などの参加も必須ですが、医学講義を20時間以上受講する必要があり、これは内視鏡専門医である医師が、講義すれば問題ないとなっています。 

山内診療所でも、既に何回か勉強会をしていますが、20時間以上講義を受けれる体制を作っていこうと思います。

オンライン診療はじめました🏥(CARADAオンライン診療)

山内診療所では、令和2年2月28日に厚生労働省より出されました「新型コロナウイルス感染症患者の増加に際しての電話や情報通信機器を用いた診療や処方箋の取扱いについて」への対応のため、まずは短期間ですが試行的にスマートフォンでオンライン診療を行います。
 再診の方はもちろん、初診の方も4月8日から可能となりました。

オンライン診療はスマホ画面を介して医師と話し合いながら、問診し処方を行います。

f:id:takehiro0405:20200427174537p:plain

 

f:id:takehiro0405:20200427174234p:plain

オンライン診療をご希望の方は、「CARADAオンライン診療」のシステムのホームページより会員登録をしていただき、山内診療所の診療予約を取ってください。
会員登録には、健康保険証、クレジットカード情報、さらに住所・郵便番号、スマートフォンの電話番号、任意のパスワードが必要です。 

https://lp.telemedicine.carada.jp/p.html

f:id:takehiro0405:20200427174257p:plain

会員登録の方法です。
①「会員登録」を押します。
②必要情報を入力します。
③入力内容を確認のうえ、「次へ」を押します。
④登録した携帯電話番号宛にSMSが届きます。
⑤SMSに記載された6桁の認証コードを入力します。
⑥登録した電話番号とパスワードでログインし、住所とクレジットカード情報を登録します。

f:id:takehiro0405:20200427174313p:plain

診療予約日の診療予約時間になりましたらスマートフォンよりオンライン診療システムにログインしていただき、医師からの着信をお待ちください。
医師から着信が来たら「ビデオ通話画面へ進む」を押します。

f:id:takehiro0405:20200427174334p:plain

支払いは、事前に登録したクレジットカードから決済されます。
決済が完了すると右上のベルのマークに赤い印が付き、そこから決済内容を確認できます。
薬の処方がある場合は、最寄りの薬局で受け取るか、処方箋または薬のご自宅への配送も可能です。

下記のリンクをクリックして登録してください。

https://lp.telemedicine.carada.jp/p.html

今後、都心部でのコロナウイルス対策はどうすべきなのか? PCR検査を増やすことが本当に良いのか?

コロナウイルス感染の勢いは衰えるどころか、勢いを増しています。

既に、都市部の検査では感染源不明の感染者が増加しており、正直な感想ですが、感染コントロールはできないのではないかと思います。

 

病院では、日夜、医師や看護師さん達が、懸命に働いていますが、外勤なども中止となり、忙しく働いているにも関わらず、収入が激減する事態になっています。

また、個人防護具が少なくなっている状況で、さらにPCR検査を増やすべきと訴える、コメンテーターや感染症?医師もおり、今後の方針でPCR検査を増やすことが本当に大切なのか検証しました。

 

1万人に対してPCR検査を行った場合、どれだけの人が、間違って陽性(偽陽性)と判定されるのか?

 

コロナウイルス感染が疑われる1万人にPCRを行なったとします。しかし、検査がすべて正しいのでしょうか?
本当はコロナウイルス感染がないのに検査で陽性と判断してしまうことが、ある一定の割合で発生してしまいます。(偽陽性)

逆に、コロナウイルス感染があるのに、陰性と判定されてしまうこともあります。(偽陰性)
検査神話、PCR神話みたいに、日々検査を増やせと訴えるのは、本当に正しいのでしょうか?
PCRで陰性であれば、本当に大丈夫なのでしょうか

 

新型コロナウイルスに対するPCRの感度を70パーセント、特異度を95パーセントと過程して計算してみましょう。

  • 感度70パーセントとはコロナウイルス感染者が100人いたら70人を陽性と判定できる検査を意味します。
  • 特異度95パーセントとはコロナウイルス感染者が100人いたら95人を陰性と判定できる検査を意味します。

まず、PCR検査を1万人に対して行った場合に、何人の人が実際にウイルス感染しているのかを仮定する必要が出てきます。

有病率は仮に30%とします。後に、有病率50%と仮定した場合の計算もしてみます。

「有病率を30%とすると」「国民の30%がコロナウイルス感染している場合に、1万人にPCR検査(感度70%、特異度95%)をしたらどうなるのか?」

計算は次のようになります。

  • 10000人のうち有病率30%と仮定すると、実際にウイルス感染している人は3000人です。
  • ウイルス感染していない人は、10000人- 3000人=7000人です。
  • 有病率30%の状態で、感度70%のPCR検査を10000人に行った場合

10000人×0.3(有病率30%)×0.7(感度70%)=2100人が陽性と判定

  • 有病率30%の状態で、特異度95%のPCR検査を10000人に行った場合、
    10000人×0.3(有病率30%)×0.95(特異度95%)=6650人が陰性と判定

これをわかりやすいように表にまとめてみた。

 

感染者(3000人)

非感染者(7000人)

PCR検査陽性

A 2100人

B 350人

PCR検査陰性

C 900人

D 6650人

感度=A÷(A+C) 特異度=D÷(B+D) 
感度とは、感染者が、検査で陽性となる割合
特異度とは、非感染者が、検査で陰性となる割合

なんと、350人がコロナウイルス感染がないにもかかわらず、検査で陽性となる結果に・・・・・・(これが偽陽性)

しかも、コロナウイルス感染があるにもかかわらず、900人が陰性となる結果に・・・・・(これが偽陰性)

もし、検査を10万人に増大すると、3500人が検査で偽陽性になり、9000人が偽陰性になります。

PCRで陰性だったから、自粛なく外出すると、感染なんか抑えられませんよね?

 

さて有病率が50%と仮定した場合はどうなるのでしょうか?

「国民の50%がコロナウイルス感染している場合に、1万人にPCR検査(感度70%、特異度95%)をしたらどうなるのか?」

計算は次のようになります。

  • 10000人のうち有病率50%と仮定すると、実際にウイルス感染している人は5000人です。
  • ウイルス感染していない人は、10000人- 5000人=5000人です。
  • 有病率50%の状態で、感度70%のPCR検査を10000人に行った場合

10000人×0.5(有病率50%)×0.7(感度70%)=3500人が陽性と判定

  • 有病率50%の状態で、特異度95%のPCR検査を10000人に行った場合、
    10000人×0.5(有病率50%)×0.95(特異度95%)=4750人が陰性と判定

これをわかりやすいように表にまとめてみた。

 

感染者(5000人)

非感染者(5000人)

PCR検査陽性

A 3500人

B 250人

PCR検査陰性

C 1500人

D 4750人

なんと、250人はコロナウイルス感染がないにもかかわらず、検査陽性 (偽陽性)

コロナウイルス感染があるにもかかわらず、1500人が陰性 (偽陰性)

本当に、「PCRをどんどん行うべきなのでしょうか?」

防護服が足りない状況で、これだけ偽陽性偽陰性が出るのに、検査だけで白黒判定できないのではないでしょうか?

今一度PCR検査のことを考え、本気で抑えるなら濃厚接触者は全員隔離、コロナウイルス感染疑いは全員隔離しないと、感染なんか抑えられるはずがありませんよね・・・・・

これを受け入れられる人はまだ少数ですが、感染が落ち着いたら、再度検証が必要と考えます。

たくさんのひよこが産まれてきた〜〜🐥🐥🐥🐥

 ボリスブラウン5羽を2019年から飼育し、有精卵を温めて、2羽のひよこが孵った後から、もっとニワトリを増やしたい!!!!

 雑草対策、マムシ対策でニワトリが有効👊そう確信した後から、いろんな種類をオークションで落札しました🥚

 

 なんと、天草大王、名古屋コーチン大軍鶏龍神東天紅、チャボを落札しました。合計50個の卵がくることに・・・・・・・

 まさかの落札しまくりで、元々あった昭和孵卵器では、50個は入らないため、新たにもう一台購入しました。

 早速、孵卵器に卵を入れます。

f:id:takehiro0405:20200416202307j:plain

f:id:takehiro0405:20200416202326j:plain

f:id:takehiro0405:20200416202347j:plain

前回の反省で、温度管理はできていたんですが、湿度管理を怠ったので、9個の有精卵で2羽しか産まれなかったのでは・・・・

今回は湿度計を導入し、湿度をしっかり管理することにしました。

21日間で産まれる予定なので、なんと待ち遠しい21日間だったか😁

 

ついに・・・・・・

f:id:takehiro0405:20200416202443j:plain

産まれた🐣🐣🐣🐣🐣

どんどん産まれるではないですか❗️❗️各孵卵器で60%程度の孵化率です。

合計30羽産まれることに・・・・


ひよこ誕生


ひよこの殻割

 

次々に産まれるひよこ達、前回が9個中2羽と考えると、10羽程度なのかなと思っていましたが、ここまで産まれるとは・・・・・😊うれしい悲鳴です🐥

 

天草大王:5羽

名古屋コーチン:5羽(1羽ペローシス)

軍鶏:3羽

龍神東天紅:10羽(1羽ペローシス)

チャボ:6羽

ペローシスとは、開脚障害で孵卵器などで産まれたひよこ🐤に生じる奇形です😢

しかし、輪ゴムで奇形を修正し、1週間程度、リハビリをすると東天紅のペローシスは奇跡的に治癒しましたが、名古屋コーチンは天に召されることに・・・・・・😭

 


殻から産まれて羽が乾いた後のひよこ達


産まれて数日後のひよこ達2


産まれて数日後のひよこ達

こうして、28羽のひよこ達は、スクスクと大きくなるのでした😊


産まれて1、2週間後のひよこ達

 

産まれて2週間程度は、段ボールで作った巣箱に、籾殻を敷いて、裸電球と保温電球をセットで入れ保温しました。

産まれたのが3月後半でまだ外も寒いので家の中で飼うことに

餌は、市販の配合飼料(ひよこ用)を購入し、お菓子の蓋にばら撒いて与えました。

水は、鳥用の水入れに入れて、籾殻などで汚れないように工夫しました。


産まれて3週間後のひよこ達

しかし、2週間以上経過した頃から、鳥臭く家の中がなり、耐えられないため、3週間まで我慢し、その後は自宅の裏にある鶏小屋に移動することに😃

 

外も寒いので、延長コードを伸ばして、小屋の中に段ボールを移動し、保温電球はそのまま使用できる状態にしました。

 


産まれて3週間後のひよこ達

 

ひよこの成長スピードは、ものすごく、食事量も半端ないです。

雑草もあっという間になくなり、餌のときのパニック具合がなんとも言えないですが、可愛いです😍

3ヶ月間は、大人の鶏とは一緒にできないため(虐められる)

3ヶ月間は、集団生活をさせる予定です。

大小のひよこ がいますが、いじめることもなく、みんなで集まり温まっているので、兄弟と思っているのでしょう😊

いずれは、自宅の裏、農場2箇所の計3箇所の鶏小屋に別れて生活するため、離れ離れになりますが、病気にならず、スクスクと成長してもらいたいですね