山内診療所 てるてる農場

"長崎県五島列島にある山内診療所”で医師として地域医療に携わりながら、 茅葺屋根の家に住み、牛で田んぼを耕し、ニホンミツバチ・対州馬を飼育して いる。

日々勉強した医学のこと

くも膜下出血の除外は、どうしたらいいの?

くも膜下出血は頭痛患者の中でも、とりわけ注意を払わなくてはいけない疾患である。 今回、オタワSAHルールを勉強してみた。 オタワSAHルール 15歳以上で非外傷性で、新しく、ひどく、1時間以内に最高の強さなる頭痛患者のうち、神経所見、脳動脈瘤、SAH、脳…

レジデントノート 入院診療 虎の巻

山内診療所の院長も執筆したレジデントノート が刊行されました 「ホスピタリスト直伝! 入院診療 虎の巻」 上部消化管出血の項を担当しました ・上部消化管出血で、最初に注意すべき内容 ・なぜ、出血の当初はヘモグロビンが低下しないのか ・内視鏡医に引…

胃と腸、消化器病研修会に参加しました😁

毎年、楽しみにしている、消化器病研修会と胃と腸に参加しました 2018年は台風の影響で、中止になりましたが、この研究会に研修医の時に参加して、消化器内科になろうと決めたと言っても過言ではない、非常にマニアックですが、内視鏡をしている医師であれば…

全国ジェネラリストリポートに掲載されました。

山内診療所の院長のコメントが、全国ジェネラリストリポートに掲載されました。 私が、長崎県の五島列島での医療を行っている際に、心掛けていることを600字以内ですが、2019年7月に出版される本の中に掲載されました 以下、記事内容の一部です。 「私が長崎…

成人の予防医療 2019年 ワクチン編

ワクチンは、病気の予防に重要である USPSTEF (米国予防医学作成部会)で推奨されているワクチンについてまとめてみた 子宮頸癌ワクチン 子宮頸癌、膣癌、肛門癌、口腔咽頭癌、陰茎癌の予防 肺炎球菌ワクチン 髄膜炎、菌血症、侵襲性肺炎球菌感染の予防 ニ…

成人の予防医療 2019年 がん検診編

予防医療は、病気の早期発見・治療のために、最も必要 USPSTEF (米国予防医学作成部会)で推奨されている予防医療についてまとめてみた。 肺がん 55−80歳に30pack/年 (1日1箱×30年/1日2箱×15年など)、かつ15年以内に喫煙歴がある者に対して、毎年の低線量CT…

小児喘息の治療について①

最近では子供の喘息が増えているが、どのような治療が良いのであろうか ほとんどの場合、軽症の小児喘息であるが、軽症でも吸入ステロイドを使用すべきなのか、またはロイコトリエン受容体拮抗薬(オノンなど)が良いのであろうか。 そもそも喘息の診断は子…

ガイドラインに基づく冠動脈疾患の診療について

冠動脈に病変がある場合(心臓の血管が細いといわれた場合) 治療法として 1 薬物療法 2 経皮的冠動脈形成術( PCI ) 治療方針として、どれが一番いいのか悩む場合がある。 日本では、盛んにカテーテルインターベンション( PCI )が行われているが どの…

乳癌検診には、マンモグラフィー? エコー? MRI? どれが良いの?

・乳癌検診には、マンモグラフィー? エコー? MRI? どの検査が一番良いのだろうか? Up to dateで調べてみた 2019年7月6日の時点での記載です。 まず、結論 エコーだけでは、乳癌のスクリーニングには、使えない マンモグラフィー:乳癌検診で死亡率が減少…

乳癌検診って大切ですよ〜

■乳癌検診を受けたことがありますか? 乳癌は、日本人女性が最もなりやすい癌、第1位です。 女性の一生のうち約11人に1人が罹るといわれています。 全国で、毎年約7万6千人が乳癌と診断され、約1万4千人が亡くなっています。 国立がん研究センターがん対…

新・総合診療医学第3版が出版されました😊👏

山内診療所の院長が執筆した! 新・総合診療医学第3版が出版されました 新・総合診療医学第3版 今までも、沢山いろんな本や雑誌を執筆しましたが、山内診療所での記載は初めてです 山内診療所 宮崎岳大と記載されていますね〜〜 「肝酵素の上昇」の項目を…

鼓膜穿孔の場合のマネージメント

鼓膜穿孔 耳への殴打、爆竹の破裂、ダイビング、棒やその他の鋭利なものによる 直接的な外傷後に発生 外耳道内の出血、聴力低下、めまい、耳鳴りが生じる。 耳鏡検査では鼓膜の欠損が認められ、耳小骨の破壊を伴うものと伴わないものがある。 するべきこと …