山内診療所 てるてる農場

"長崎県五島列島にある山内診療所”で医師として地域医療に携わりながら、 茅葺屋根の家に住み、牛で田んぼを耕し、ニホンミツバチ・対州馬を飼育して いる。

MKSAP

MKSAP 18 General Internal Medicine Item:133

日本でもホスピタリストが周術期のマネージメント評価を行うことが増えると考えられます。階段を2階まで休みなく上がれる。1ブロック歩いても、息切れがない。場合は、これ以上の心機能評価はいらないですが、階段が2階まで上がれない場合には、ドブタミン負…

MKSAP 18 General Internal Medicine Item:137

improvement modelという内容のもないですが、日本の内科専門医試験には出なさそうなもないです。しかし、アメリカや、ヨーロッパだけでなく、日本でも大事な考え方だと思います。これから日本の医療の質を改善させるためにはこのな考え方を取りそう導入する…

MKSAP 18 General Internal Medicine Item:2

Item:2 40歳女性がマンモグラフィーで乳癌検診を受けるべきか相談に来た。患者の家族歴では、乳癌や卵巣癌の既往はない。他に乳癌のリスク因子となるものは持っていない。身体所見では、バイタルサインや検査所見に異常はない。 患者さんは、マンモグラフィ…

MKSAP 18 General Internal Medicine Item:1

年齢が若い患者さんで LDL コレステロールが健診の結果で高いことを主訴に診療所に やってくることがあります。 スタチンを使用することが本当に良いのか悩ましいですが、 AHA のガイドラインによると、 LDL コレステロールが190mg/dl 以上であれば、1次予防…

MKSAP 18 General Internal Medicine Item:8

Item:8 68歳男性が、発熱、陰部の痛み、排尿困難、頻尿、間欠的に痛みが激しくなる症状が、昨日から始まった。 症状は、ルーチンのスクリーニングで PSA が上昇していたために、前立腺の生検を行った後、48時間経過して始まった。 身体所見は、体温38.7℃、血…

MKSAP 18 General InternalMedicine Item3

Item3 49歳男性 右膝人工関節置換術前 他に既往歴や薬剤歴なし 身体所見:バイタルサイン正常 右膝は骨肥厚あり、受動運動で摩擦音(crepitus) がある 低分子ヘパリン+間欠的空気圧迫法が入院時から行われている。 低分子ヘパリンで肺塞栓やDVT予防はいつ…

MKSAP 18について

〜MKSAP(Medical Knowledge Self-assessment Program)〜 MKSAPとは、米国アメリカ内科学会が3年毎に発行する、自己学習用の内科学テキスト と問題集です。 1967年に初版が発行されて以来、内科各領域における知識を確認・アップデートするた めの最良の教材…